お知らせ

トピックス

フレンドCUP参加しました!

12月7日、東部総合運動公園にある「くろしおアリーナ」で障害者スポーツセンター主催の「第11回フレンドCUP」が開催されました。種目は卓球とボッチャの2種目、藤戸病院デイケアチームからは卓球個人とボッチャに2チームが出場しました。結果は、卓球は参加者全員予選リーグ通過、決勝リーグに進みました。ボッチャチームはリーグ2位でした。

当院の他にも、たくさんの病院利用者が出場しており、白熱した試合が繰り広げられました。ボッチャは1つの病院から複数のチームが出場しており、決勝トーナメント開始までの予定時間を大幅に過ぎてしまうなど、大盛況だからこそ起きるハプニングもありました。

参加者の中には、初めてボッチャに挑戦するメンバーや、参加状況の関係で十分に練習ができていないメンバーもいたのですが、1試合2試合と実戦を重ねていく中で、ボッチャのルールやテクニックを習得していき、スタッフも思わず歓声をあげるような好プレーがたくさんありました。

卓球は22点までラリーが続くなど接戦もあり。さらに連続して試合が組まれてしまうなど、選手は疲れがとれない過酷な状況でしたがみごとに決勝リーグに上がることができました。試合の後には審判の方から全国大会でのルールについてもレクチャーを受けたり、練習を重ね全国大会に出場できる実力がつけば2020東京パラリンピックの出場…期待は膨らむ一方です。

選手の皆さん、応援してくれたメンバーの皆さんお疲れさまでした。

池上博之(デイケア:作業療法士)