お知らせ

トピックス

卓球大会に参加しました

6月19日に県民体育館で行われた、平成30年度高知県精神保健福祉卓球大会に参加しました。この卓球大会は、県内の精神科病院やデイケア利用者の交流を目的に高知県精神保健福祉協会が主催しているイベントです。

大会参加施設は11施設、団体戦を午前中に行い個人戦は午後から行いました。精神保健福祉協会の役員をしている当院の藤戸良輔医師は開会式で選手に向けて「頑張って」と激励するだけでなく、卓球の審判から点つけまで運営にもしっかり携わっていました。出場した選手一同、当院デイケアから駆け付けた利用者の応援を背に受け、準備運動をしっかりして円陣を組み一致団結試合に挑みました。

団体戦は初戦で負けてしまい残念な結果になってしまいましたが、個人戦女子の部は優勝こそ逃しましたが、見ているだけでもハラハラドキドキ。決勝戦に進み、相手は強豪選手で3セット目までもつれ込んでの惜しくも敗退、準優勝となりました。

他の施設からの応援団も毎年迫力があり、選手の皆さんも強豪ぞろいですが、そんな中当院デイケアからの選手も一試合一試合全力で楽しんでいました。結果より過程が大事。

来年はもっと楽しめたらと思います。選手の皆さん、応援の皆さんお疲れ様でした。

 

池上 博之(デイケア:作業療法士)