お知らせ

トピックス

芸西病院関連施設の新型コロナウイルス感染者の発生について(第2報)

 6月14日、既に職員の感染が判明していた芸西病院関連施設におきまして、新たに入所者様の感染が確認されました。

 

 この入所者様は、6月8日に接触者としてPCR検査を行い、陰性となっていましたが、発熱症状があったため、抗原検査を実施した結果、陽性が確認され、さらにPCR検査を行い、陽性が確定となったものです。
 現在は、感染症対応医療機関に入院中です。

 

 この結果を受け、再度、安芸福祉保健所様のご指導を頂き、濃厚接触者8名および接触者32名への拡大検査としてPCR検査を実施いたしましたが、全員の陰性が確認されました。
 しかし、今回の検査では陰性となっていても、引き続き警戒が必要な状況となっておりますので、感染拡大を防ぐ対策および厳重な健康観察を継続してまいります。

 

 なお、当該施設は敷地内にはありますが、区分けされた場所にあり他の施設とは接触がなく、感染リスクが非常に低いため、病院を含むその他の施設では通常どおりの事業体制で運営しています。

 

 このような事態となりご関係の皆様に大変ご心配をおかけしてしまい深くお詫び申し上げます。今後も感染防止を徹底した事業体制で運営してまいりますので、ご理解をいただきますようどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

令和3年6月14日
医療法人おくら会
理事長 藤戸 良輔