運営方針

施設長 中本雅彦

老人保健施設の核であるリハビリテーションケアを実践し、 個々の利用者様それぞれの自立した生活をめざします。 在宅生活への復帰と在宅生活の継続を支援します。 コミュニケーションを大切に、主役である利用者様の 人格・意思を尊重し、説明と同意に基づくケアに努めます。 人とのつながり、家庭や地域との結びつきを大切にします。 利用者様・ご家族様が安心した生活が送れるよう、 多職種によるチームケア、関係機関との連携、協働に努め、 必要なサービスを総合的に提供します。

介護老人保健施設の理念と役割

介護老人保健施設

介護老人保健施設は、利用者の尊厳を守り、安全に配慮しながら、生活機能の維持・向上をめざし総合的に援助します。また、家族や地域の人びと・機関と協力し、安心して自立した在宅生活が続けられるよう支援します。

①包括的ケアサービス施設

利用者の意思を尊重し、望ましい在宅または施設生活が過ごせるようチームで支援します。
そのため、利用者に応じた目標と支援計画を立て、必要な医療、看護や介護、リハビリテーションを提供します。

②リハビリテーション施設

体力や基本動作能力の獲得、活動や参加の促進、家庭環境の調整など生活機能向上を目的に、集中的な維持期リハビリテーションを行います。

③在宅復帰施設

脳卒中、廃用症候群、認知症等による 個々の状態像に応じて、多職種からなるチームケアを行い、早期の在宅復帰に努めます。

④在宅生活支援施設

自立した在宅生活が継続できるよう、介護予防に努め、入所や通所・訪問リハビリテーションなどのサービスを提供するとともに、他サービス機関と連携して総合的に支援し、家族の介護負担の軽減に努めます。

⑤地域に根ざした施設

家族や地域住民と交流し情報提供を行い、さまざまなケアの相談に対応します。市町村自治体や各種事業者、保健・医療・福祉機関などと連携し、地域と一体となったケアを積極的に担います。また、評価 ・情報公開を積極的に行い、サービスの向上に努めます。

やわらぎ利用相談 〜よろず相談窓口〜

こんな悩みありませんか?

  • ⚫ 退院後の生活に困りそう
  • ⚫ 住宅・住むところが心配
  • ⚫ もう少しリハビリをしたい ・ させたい
  • ⚫ 自宅での介護が大変になってきた
  • ⚫ 介護サービスについて知りたい
  • ⚫ 医療や介護のお金のことが心配
  • ⚫ 将来の介護が心配
  • ⚫ 認知症のことが心配

こんな悩みありませんか?

私たち、支援相談員が ご相談をお待ちしています!

~リゾートヒルやわらぎ
つの強み〜

在宅支援

すべての方が自宅(多様な居宅)にて生活が続けられるよう、当施設の通所リハビリ・短期入所・訪問サービスに加え、地域の介護事業者や医療機関(かかりつけ医)等と協働して、地域の要介護高齢者の健康と生活をご支援させていただきます。
皆様がどこでどのような生活を続けていきたいか教えてください。
私たちが共に考え実現できるよう取り組みます。

看取りのケア

人生の最期のその時まで、何を大切にし、どのように過ごされたいのか、ご本人とご本人が大切に思う方々(ご家族等)と、やわらぎスタッフにて繰り返し話し合います。 いかなる時も、私たちは専門職として丁寧な説明に心がけ「その人らしさ・あなたらしさ」を最期まで大切に多職種チームにてご支援させていただきます。 ご本人とご本人が大切に思う方々(ご家族等)の尊厳が守られ、不安や心・体の痛みなどが少しでも軽減され、希望する生活を最期まで続けることができるようお手伝い(ケア)させていただきます。

認知症ケア

要介護高齢者の多くの方が何らかの認知症症状を有しています。当施設ではアルツハイマ一型認知症や脳血管性認知症の方など、BPSDを有する方も含めあらゆる認知症高齢者のケアを行っています。
認知症治療やケア・リハビリの経験豊富な医師・リハビリ・看護・介護・栄養士・ケアマネジャー・ソーシャルワーカ一等がチームとなり、ご本人の状態とご家族の介護力の状態により、入所・短期入所・通所リハビリなどニーズに合ったサービスを提供させていただきます。

施設について

正面玄関

正面玄関

通所リハビリテーション

通所リハビリテーション

浴室

浴室

入所サービス(1階)

入所サービス(1階)

入所サービス(2階)

入所サービス(2階)

個室

個室

多床室

多床室

売店

売店

家族介護教室・研修室

家族介護教室・研修室

2F回廊

2F回廊

開設年月日 平成10年1月19日
開設者 医療法人おくら会
代表者 理事長藤戸良輔
住所 〒781-5701高知県安芸郡芸西村和食甲4249番地
電話 0877-33-3720
FAX 0877-33-3687
事業者指定番号 第3952080038号
併設病院 芸西病院 内科・精神科・リハビリテーション科(総ベッド数219床)
~医療療養病棟(Ⅰ)認知症治療病棟・訪問リハビリ実施~
関連機関 訪問看護ステーションげいせい、居宅介護支援事業所みずき、
認知症グループホームげいせい(2ユニット)、訪問リハビリテーションげいせい
協力医療機関 高知県立あき総合病院・芸西オルソクリニック・芸西歯科(往診・検診)
利用定員 <入所>69名(短期入所含む)1階:37名2階:32名認知症ケア加算棟(認知症専門棟)
<通所>40名
対象地域 芸西村・安芸市・香南市夜須町
事業内容 入所・短期入所療養介護・介護予防短期入所療養介護・通所リハビリテーション・介護予防通所リハビリテーション

報酬算定項目

各種処遇改善の取り組み

リゾートヒルやわらぎでは、ケアに関わるすべての職員の資質向上のための各種の研修制度や、新人教育制度を導入しており、働きやすい職場環境の整備のため育児休業制度の充実を図るなど、職員の処遇改善に積極的に取り組んでおります。

介護職員処遇改善加算Ⅰ及び介護職員等特定処遇改善加算を算定しています。

具体的な処遇改善への取り組みにつきまして、以下の通り公表致します。

(1) 資質の向上

  • ◎ 研修の受講やキャリア パス 制度と人事考課との連動

(2) 労働環境・処遇の改善

  • ◎ 新人介護職員の早期離職防止のためのエルダー・メンター(新人指導担当者)制度等導入
  • ◎ 介護職員の腰痛対策を含む負担軽減のための介護ロボットやリフト等の介護機器等導入 、ノーリフトケア実践
  • ◎ 子育てとの両立を目 指す者のための育児休業制度等の充実、事業所内保育施設の整備
  • ◎ ミーティング等による職場内コミュニケーションの円滑化による個々の介護職員の気づきを踏まえた勤務環境やケア内容の改善
  • ◎ 全職員インカムを導入しての情報共有伝達の効率化による、チームケアの向上
  • ◎ 事故・トラブルへの対応マニュアル等の作成による責任の所在の明確化
  • ◎ 健康診断・こころの健康等の健康管理面の強化、職員休憩室・分煙スペース等の整備

(3) その他

  • ◎ 障害を有する者でも働きやすい職場環境構築や勤務シフト配慮
  • ◎ 地域の児童・生徒や住民との交流による地域包括ケアの一員としてのモチベーション向上